Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

春一度しか逢えなくても・・Antonine D'ormois

来て下さった皆さま、こんにちは♪
強い寒波が日本中に押し寄せてきていますが
皆さまお住まいの地域では、いかがでしょうか?
こちらは、雪マークがついてもついても
雪がチラチラ舞うくらい・・のお天気が続いておりますが・・

さて、お正月のご挨拶の写真を、Rosa Mundi にしたことや
「My Garden」に掲載された、Benoit。さんの記事を読ませて頂いたりしていたら
Oldroseの魅力を、また改めて大きく感じるようになって来ました。

春一度しか逢えない一季咲きのOldrose・・
咲き始めたら、逆に、「次の春まで逢えなくなる」と言う
さみしさを感じさせてくれることさえ、大きな魅力となってしまうくらい
とても美しいバラもたくさんありますよね。
今日は、Antonine D'ormoisを・・

Antonine D'ormois

出会いは、Oldrose大好きな友人が、私のバラに逢いに来てくれたときに
お土産に下さった、小さな挿し木・・
最初、どんなバラかも知らずに育て始めました。

次の年・・咲いてくれたお花を一目見て
「なんてかわいいの~~~~~!!」っと感激!

彼女が選ぶOldroseが大好きだったので、
きっと素敵なバラだろうと思っていたのですが・・
予想を上回る美しさ・・!
だって、外側の花びらのフワフワしたこと!
そして、中にある花びらの配列が、フリフリしていて
な~んてかわいくて美しいこと!!
しかも!
大好きなボタンアイもあると来ています・・
こんな素敵なバラに出会わせてくれた彼女に感謝!

花びらの重ねも多くて・・本当に美しいバラです。
葉っぱも美しいでしょう?
Oldroseは、系統によって、葉っぱがまたとても美しいので
それも大きな魅力・・ですよね。

アーチ下に誘引したときは、微笑むFairyのそばで。
Antonine D'ormois

一度開くと、花保ちがとてもいいので、
白に近いくらい褪色していきますが、その姿もまた美しくて・・。

Antonine D'ormois

逆に、開く前も、こんなに美しいディープカップ!
こんな姿も、赤い蕾も、本当に美しい・・大好きなOldroseです。

Antonine D'ormois

そんな事を考えながら、昨日、
少し遠いガーデニングショップまで足を伸ばしたら・・
あら・・
この、大好きなAntonine D'ormoisの苗がありました。
そのタグについていたのが・・↑の写真!

自分の撮った写真が、バラのカタログに載ったのは、見たことがありますが
タグになっているのを見たのは・・多分初めて・・
・・だって、持っているバラは注文しませんから・・ね(*^m^)
もちろん、了解済みの写真ですが、なんだか、くすぐったいキモチになりました。

でも、こんなに素敵なAntonine D'ormoisの魅力を、
たくさんの方と共有出来たら、とっても嬉しい!っと思ってしまいました。


寒い季節の、バラの作業・・
でも、こんな、一季咲きの美しいOldroseに逢える日を夢見ていたら・・
心がホッカホカして・・来ますよね

さーて、今日は、風がないので
MAX!暖かい格好して、植え替え頑張って来ます(^-^*)/
まだお庭では、バラが咲いていますが・・
Heritage
さすがにもうカットしなくちゃかな~・・っと思うこと度々ながら・・

10old0112.jpg
日差しはね・・春のようですが

明日からは、センター試験
来週からは、長女の大学の後期試験・・(>_<)

受験生、試験生(笑)をお持ちのお母様方
お子さんの体調管理も万全に!
頑張って乗り切りましょうね~~~p(*^-^*)q

見てくださってありがとうございましたm(_ _)m
関連記事

Comment

NoTitle 

HISAKOさん、こんにちは♪
Antonine D'ormois、去年カタログでお写真を見て
HISAKOさんの撮られたものだわって、どきどきしました^^。
一季咲でなければ今頃庭にいたでしょう。
庭が狭いので、しばりをつけてお迎えできるバラを
絞っているのです。
それでも最近は、一季のバラでも欲しいなって
気持ちが強まってます。
みんな葉っぱも素敵ですし。
お嬢様の試験、無事実力を出し切れますよう、
お祈りしております。
  • posted by 葉月 
  • URL 
  • 2010.01/15 14:45分 
  • [Edit]

本年もよろしく 

HISAKOさん、
こんにちは♪
ちょっと遅出で・・
本年もよろしくお願いします♪

ドルモアのタグのお写真がHISAKOさんのなのですね!
これは贅沢 !^m^
そのタグにであいたいですよ~~

HISAKOさんも、冬のバラ咲かせちゃったのあるのですね~
へへ・・
私も、例にもれず・・
”winter rose”ってまた格別の思いがありますね~

今年もお写真楽しみにしています(^_^)v
  • posted by ROSEROSE 
  • URL 
  • 2010.01/16 13:10分 
  • [Edit]

葉月さんへ 

葉月さん、こんにちは♪
早速のコメントありがとうございます[m:49]

うふふe-454
そうそう、去年、気づいていただけましたか?
今年のは違うようですが、タグはどうなんでしょうe-326
昨日見た苗は、どこのナーセリーかわからなかったのですが・・
私が出会ったときには、あまり知られていなかった素敵なOldroseが
この頃は、色んなナーセリーで扱われるようになって、とても喜んでいます。
・・でも、一季咲きだと、そうそう、二の足を踏んでしまいますよね。
私も随分あきらめたバラがありますが、
このバラは、どうしても手放せないくらい愛しさ満開!なバラなんですよ♪
そして、こういうバラは、近くに四季咲きのクレマチスを植えてあげたら
支柱となってくれますよ~(*^m^)
・・っと誘惑誘惑e-328

優しいコメントありがとうございます♪
3月終わったら、もう、しばらく受験生もいなくなるので
やっとひと安心ですが、それまでがんばります♪
e-279ちゃんも、あっという間ですよ~e-349

  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/16 16:07分 
  • [Edit]

ROSEROSEさんへ 

ROSEROSEさ~ん、あけましておめでとうございますe-339
来てくださってありがとうございまーす。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そう、苗のタグになっているのは、初めて見たので
なんだか、ドキドキして、責任感じてしまうようなキモチで
「誰か、この写真見て‘やっぱりやめとこ’って思っちゃったら
どうしよう・・e-263」とか・・(;^_^A
でも、もし出会ったらどうぞ、お持ち帰りを・・m(_ _)mなんてe-282

冬のバラ・・そうなんですよ~
1回台風で蕾を持っていかれてから
もう一回蕾をあげて来たバラたちが結構あって・・
Sharifa Asmaなんて10こくらい、
みやこもそのくらい、
Gentle Hermioneなんてまだ房の蕾がついているし
Chef-d'oeuvreも、Charles Rennie Mackintoshも、Heritageも!
・・どうしましょうね~・・
書いていて思ったのですが、やっぱり
English Roseの四季咲き性は、すごいです。
寒さにも強いですよね~。
やっぱり、どんなにアンティークタッチのモダンローズが出てきても
やっぱりやっぱり、English Roseはダントツです。
・・っと改めて思ってしまいました。

今年も、素敵なお写真見せてくださいね~~。
また師匠にいいご報告が出来るように(*^m^)
弟子たち一同(笑)がんばりましょe-94
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/16 16:15分 
  • [Edit]

ありがとうございます。 

HISAKOさま。

おはようございます。お元気ですか?
僕のブログを素敵に紹介して下さってありがとうございます。
HISAKOさまがご自分の写真のラベルを見るのと同様、
何だか面映い気がします……自分の事じゃないみたい(笑)
さて、オールドローズ……HISAKOさまが全て魅力を語って下さいました。
魅力再発見じゃないけれど、もう少し注目して欲しいなぁ……。
だけど、いつも思うのはHISAKOさまの素晴らしいお写真とともに、
パーフェクトなコンディションに保たれた薔薇たちの素晴らしさ。
並大抵の努力ではないでしょうね……少し見習わなくてはいけません。

イギリスの貴婦人たちも、一時フランス娘に浮気され(笑)
またその魅力が再発見される頃じゃないでしょうか。
本当に素晴らしいですもんね、イングリッシュ・ローズ!
  • posted by ブノワ。 
  • URL 
  • 2010.01/17 10:29分 
  • [Edit]

これもほしい 

HISAKOさんの写真はすべて美しくみるものすべてほしくなってしまいますが、アントニア・ドルモアは今すぐにでもほしくなりました。さっそく検索してみたところバラの家にありましたが売り切れ。今年のお愉しみの苗になりました。
それにしても今頃でも美しく咲いているバラがあるというのはうらやましいですね。私のところは昨年の11月2日の強い霜で全部おしまいになりました。それなのに葉は鮮やかな緑色でピエール・ド・ロンサールはジャングルのようです。
  • posted by atsuya 
  • URL 
  • 2010.01/17 22:28分 
  • [Edit]

はじめまして 

HISAKOさまこんにちは。
あけましておめでとうございます!
はじめまして・・・です(^^)
大好きなアントニア・ドルモアでしたので、嬉しくて嬉しくて思わずコメントを・・・
うちは3本います(^^)
HISAKOさまの美しいお写真で、又、より多くの方にドルモア嬢の魅力が伝わりますね!
本当に美しく、夢のような薔薇です。
ホームセンターにドルモアがあるなんて数年前では考えられない事です。
古い薔薇の魅力、広まってきたのですね。
嬉しいことです。
オールドの奴隷の私・・HISAKOさまのお写真によるオールドローズをこれからも楽しみにしています。
沢山のせてくださいね~~

  • posted by 歩夢 
  • URL 
  • 2010.01/18 12:48分 
  • [Edit]

Benoit。さまへ 

Benoit。さま、こんにちは♪
すみません、事後承諾でご紹介させて頂いてしまいましたm(_ _)m

Oldrose、いい薔薇がたくさんありますよね。
Benoit。さまが選ばれたOldroseの中でも
Mme. Hardyと、Gloire de Dijon は特に
絶対に外せない!っと思いました。
Mousselineも、モスローズで四季咲き(と言える位咲いてくれますよね!)なんて
当時は、ものすごく画期的な薔薇だったのではないでしょうか。
また、Souvenir de la Malmaison ・・とか
ジョゼフィーヌの人生に触れることでまた名前の意味合いを味わったり・・
そういう事に想いを馳せることが出来ることも
Oldroseの大きな魅力!
また、これからも、素敵なOldroseを、
是非是非皆さんに、ご紹介ください!

そうそうe-402
Benoit。さまにご報告!
・・なんと、薔薇の種まきを初めてしてみました!

種は、English RoseのPeach Blossom !
近くには、Charity、Sebastian Kneipp 、赤いNoisette・・
どんな薔薇が咲いてくれるか。。ワクワクしながらですが
・・でも、発芽しないと始まりませんよね(^-^;)
どうか、素敵な薔薇の芽が出てくれますように♪

そうそう、やっぱり、English Roseの楚々とした美しさ
当たり前のような四季咲き性は、すごいですよね!
David Austinの美学も知るほど、ますます大好きになりますe-266

  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/18 14:29分 
  • [Edit]

キーコメントのkさんへ 

kさん、キーコメントですが、お久しぶりです!
コメントありがとうございますv-344
とっても嬉しいお知らせ!
大事にしてくださいね~冷やさないようにね(^_-)-☆

それに、このタグのついたAntonine D'ormois
お店から連れて帰って下さったとは!
な~んて嬉しいんでしょうe-266
大苗でしたら、今年、いくつか咲いてくれるかもしれませんよ~。
本格的に咲いてくれるのは、来年以降かもしれませんが・・
その時は、片手にかわいいbabyちゃんですねe-266
またいいお知らせを楽しみにしていますe-266
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/18 14:40分 
  • [Edit]

atsuyaさんへ 

atsuyaさん、こんにちは♪
わぁ、Antonine D'ormois
検索してくださいましたか!!ありがとうございます♪
私も検索してみましたよ(笑)
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLJ_enJP310JP310&q=%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%82%a2%e3%80%80%e8%8b%97
この中のショップさんにあるようですv-254
バラの家さんの苗、私もとっても信頼していて、大ファンですが、売り切れでしたね~e-263残念e-330
でも、是非、この検索ページから・・うふふ。営業してまっせσ(^-^;)

バラは、ほんと、今でも開きそうなものがあるので
なかなか切ることが出来ません~~。
きっぱりない方が、剪定も迷わなくていいかもしれませんよ~。
Pierre de Ronsard、よく育っていらっしゃるんですね。
春のお花が楽しみですね!
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/18 14:46分 
  • [Edit]

歩夢さん、ようこそ~(^-^*)/ 

歩夢さん、初めまして~!
遊びに来てくださってありがとうございます♪
とっても嬉しいです。
あちこちのお友達のblogでお名前拝見していました。
すっごくオシャレなblogをお持ちですね~!
カフェオレボール・・お好きなの、わかるような気がします。

Oldrose大好きな方が来て下さって嬉しいです。
やっぱり、絶対に忘れてはいけない魅力がありますよね~。
Jaques Cartier の素敵なお写真を掲載していらっしゃいましたけれど
本当にあのバラの香りと四季咲き性の良さと言ったら!ね。
またこれからも、Oldroseの魅力を語れたら嬉しいなぁと思います。

Antonine D'ormois、なんと3本もお持ちとは!
・・でも、気持ち、とてもよくわかります。
それだけ「まみれていたい~(笑)」と思ってしまうくらい素敵ですものね!
そうそう、なかなか手に入らなかったバラが
もう今はホームセンターにも入って来るくらいになってきました。
「自分だけのひそやかな愉しみ」のバラも、いいものかもしれませんが
こうして、たくさんの方と、このバラの魅力を共有出来ることが
嬉しくてたまりませんe-349
また、Oldrose、語りにいらしてくださいね~お待ちしています♪
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/18 15:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

HISAKOさんこんばんわ。ドルモアさんとっても素敵です。
フェアリーさんと一緒にいるドルモアさん愛らしくて優しい
趣ですね。

ずっと最近オールドローズが気になっていて本や雑誌などで
調べています。欲張りでいつも咲いている薔薇を選んで育てている
私が(笑)心ひかれるのが一季咲きのオールドローズが多いです。いつの
日か庭にオールドローズをお迎えしたいと思っているんです(*^_^*)。
欲張りなので返り咲きするオールドローズと一季咲きのオールドローズ
をお迎えしたいって。伸び伸びと育ててあげられそうな場所を吟味して
います。

まだコメントをしたことがなくて読み逃げしちゃっていますがブノワさんのブログで
拝見したお二方のオールドローズに心が奪われている今日この頃です。

HISAKOさんのサイトやブログで今後も勉強させていただきます♪
  • posted by スナッフィー 
  • URL 
  • 2010.01/18 18:06分 
  • [Edit]

スナッフィーさんへ 

スナッフィーさん、おはようございます♪
コメントありがとうございますv-344

Antonine D'ormoisさん、かわいいでしょう~♪
こんな雰囲気は、なかなかモダンローズでは作れない・・
・・そういうところに、一季咲きのOldroseの、大きな魅力を感じてしまいます。

一季咲きでなくても、返り咲きしてくれるOldroseもありますから
そういうのを選ばれるのもいいかもしれませんねe-272
また、春のバラが咲くまで、返り咲きするOldroseや
四季咲き性のあるOldroseをアップしますね~!!
・・誘惑してしまいます(*^m^)

Benoit。さまのブログや、「My Garden」に紹介されていたOldrose・・
素敵なものばかりでしたね。

流行の先端!行くモダンローズの魅力とともに
Oldroseの魅力も、バランスよく
ご紹介していけたらいいなぁと思っています♪
ありがとうございます♪
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/19 10:31分 
  • [Edit]

get しました 

Antonine D'ormoisをヤフオクでget しました。
これもHISAKOさんが検索サイトを書いてくれたからです。
18日の夜にこの書き込みを見て、
すぐに検索してみました。
かなり後の方にヤフオクの出品がでており
よく見ると出品されて数時間で、
それも翌日の1日で終了というものでした。
すぐに入札したのは言うまでもありません。
本当にタイミングよくラッキーだったと思います。
改めてわざわざ検索サイトまで調べて書いていただいた
ことに御礼申し上げます。

今回はAntonine D'ormoisの写真をいくつか見ました。
しかしHISAKOさんの写真よりも美しい写真はありませんでした。
改めてHISAKOさんの写真の腕を認識させられました。
オースチンをはじめHISAKOさんの写真を使う業者があるというのもうなずけますね。
さらにHISAKOさんの栽培技術もすごいのだと思いました。
よい写真を撮るためには良い被写体が必要だと実感したのです。
ブノワ。さんが書いていることに同感してしまいました。

Antonine D'ormoisが咲いたら写真を撮りますので
添削していただけると嬉しいです。
  • posted by atsuya 
  • URL 
  • 2010.01/20 20:35分 
  • [Edit]

atsuyaさんへ 

atsuyaさん、こんにちは♪
やった~\(^o^)/
Antonine D'ormois仲間ですねe-349
嬉しいです~。
オークションにありましたか~・・
値段が上がっていってしまったりするのは心配ですが・・大丈夫でしたか?
いい苗だといいですね。

写真と、バラ、褒めていただけて、なんだかお恥ずかしいです。
一季咲きのOldroseは、置き場所を決めているんですよ。
もう何年も前に、ルーフの真ん中に置いていた一季咲きのOldroseの蕾が
開いたときに、暴風が吹いて
ちぎれた蕾で吹き溜まりが出来たことがあって・・(T-T)
それからは、一季咲きのOldroseは、わざと
1番北側のラティス前にと決めているんですよ。
ラティスで暴風が一度収まるようで
そこだときれいに咲いてくれるんです。

でも、ルーフの真ん中に置く四季咲き性のあるバラは
一度傷ついても、また咲くので、そこはあきらめて・・
とってもキズキズのお花になってしまうんですよ・・

ルーフのバラ栽培・・本当に風が1番の天敵です(T-T)

また、バラ、是非おそろいに!!
楽しみにしています。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/21 14:33分 
  • [Edit]

開けてびっくり 

来ましたよ。Antonine D'ormoisが。
さっそく開けてみたら
なんと添付されていたタグの写真が↑のHISAKOさんのものではないですか。
びっくりすると同時にちょっと嬉しくなりました。
とりあえずご報告まで。
  • posted by atsuya 
  • URL 
  • 2010.01/22 11:12分 
  • [Edit]

atsuyaさんへ 

atsuyaさん、こんにちは♪
届きましたか!やった~!
・・なんと、タグ、あの写真だったとは(*^m^)
なんだか、atsuyaさんのお庭に、お邪魔しま~すって感じですねe-454
大切に咲かせてあげてくださいね!
咲いたらまた是非、お写真見せてくださいませ。
楽しみにしています。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2010.01/22 13:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー