Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

記しておきたいこと。

3月11日の朝です。
「節目だけに反応する」報道に反発しているという
東北の方の声も聞きますが、
やはり、心に思うことは記しておきたいと思います。

2年前の今頃は、みんな普通の生活していて、
「行ってきまーす」って家を出ていく家族を笑顔で見送ったり
もしかしたら、朝からちょっと兄弟や夫婦で普段しないケンカをしちゃったり
それでも、「今日帰ったら仲なおりしようか」と頭の片隅に置いて過ごしていたり
・・そんな当たり前の、普通の生活をしていたよね・・
午後にあの震災が起きることも知らずに・・
その事がすごく胸に詰まってくる朝です。

震災後、その当たり前の生活がどれだけ幸せな生活なのか
思い知らされる日々が続いています。
だから、東北で、まだまだ大変な暮らしをされている方たちにも
一日でも早くまた当たり前の生活に戻れるように
ほんの小さな事でも、何か私でも出来ることはないか・・
そんな事を模索しながらの2年間でもありました。

昨日は、地元の復興支援イベントに誘われて行って来ました。
震災翌日から被災地で活動された地元の自衛隊の方の講演会です。
淡々と話される震災直後の大変な様子。それだけでも圧巻でしたが
講演会が終わって、一人の質問者が、
とても聞きにくいことを思い切って質問されました。

「ご遺体の収容は大変お辛い仕事だったと思うのですが・・」

その質問にも動揺することなく、講演された自衛隊の方は
「最初見つけたのは、お母さんと子どものご遺体でした。
最初はさすがに動揺し、引いてしまいましたが、そのうちに、
早く見つけてあげたい。
早く見つけ出して家族のもとに帰してあげたいと思うようになりました。」

そう答えて下さいました・・泣けました・・・
新聞やテレビでよく報道されていた、自衛隊の方の使命感を感じました。
いや、使命感というものをこえているものも感じました。

「例えば側溝の中で、頭だけが見えているご遺体があると
早くその狭くて冷たい中から、家族のもとへ帰してあげたいと
そんな気持ちで精一杯やって来ました。」と。
使命感をこえる本当の優しさや、人間性、
ご遺体に対する尊厳や、敬意、愛情までも感じ
「ありがとうございました。ありがとうございました。」と
ずっと手を合わせたい気持ちになりました。

また、自宅まで帰れない方のために、道を作り
お風呂に入れなかった方たちへ、お風呂を提供し・・
自衛隊の存在にはいろいろご意見はあると思いますが
震災後の活動は、間違いなく、現地の方たちの心の支えになっていたのだと思います。
愛知の自衛隊が撤収するときには涙が出たと
活動された宮城県の山元町の方の生の声もお聞きしました。

そんなことも含めて、やはり、震災を過去のものにしてはいけないと
強く思いながら帰って来ました。

・・数日前には、東北へ2回行って来た長女が
報道ではなかなか感じることができなかった
被災した地域の様子にすごく衝撃を受けて
「どうにかこの被災した地域の現実を、地域のみんなにも伝えたい」と
卒業間際の自分の大好きな母校へ、
ケッパレ東北!の今井仁さんをお迎えして講演会を開きました。
講演会

大学で講演会を開催することは簡単な事ではなく
数々の難題を、いろんな方、先生方に助けられて乗り越えての開催でした。
一人の女子学生の熱い思いを受け止めて奔走してくださった先生方に
感謝の気持ちでいっぱいです。

・・それにしても、
昨日行った地元の復興支援のイベントでは、
参加者が私を含めて、大半の方が
若いとは言えない世代だったことがとても気になりました。
これから日本を背負って行く子どもたちに関心を持ってもらうためにも
小さくても、何か自分で出来ることを
これからも探して行きたいと思います。

復元師


震災後に「おもかげ復元師の震災絵日記」読みました。
立ち読みでいいので、是非手にとってめくってみてください。

今日また何かがあっても、後悔しないように
まわりにいる大好きな人に、大好きって気持ちを伝えていくことも
きっとすごく大切なことだと思います。

想いがまとまらないままですが・・
うん。
東北の震災、遠い国のことではないということを伝えたくて・・

寒い仮設住宅で、暖房を入れて部屋を暖めると
夜、結露が雨漏りのように ポタポタ垂れてきて眠れないひとたちが
まだたくさんいらっしゃることも忘れないで・・っと
そういうことも伝えたいのでした。

長文を最後までお読み下さってありがとうございました。
また、みなさんにご協力を頂きたいことが出てきましたら
その時は、是非、ご協力頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

岩手に住む大事な友達、今日はこの歌を歌って過ごすそうです。







関連記事

Comment

NoTitle 

こんばんは

何かしなくてはいけないのだろうけど、
人事と思えず、
つらくてニュースも見られずにいます。

この記事にも泣けちゃって・・・。
  • posted by のんたん 
  • URL 
  • 2013.03/11 19:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
roseさんのブログから飛んでまいりました。
記事を何度も何度も読み返してしまいました。
一人一人ができることは微力かもしれませんが、続けていくことが大事なんだと再確認できました。

最後に素敵な歌を紹介してくださってありがとうございます。
  • posted by wilmslow 
  • URL 
  • 2013.03/12 13:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

HISAKOさん、こんばんは。

wilmslowさんもこんばんは。早速HISAKOさんのブログを訪ねてくださったのですね。
ありがとうございます。

あの大惨事の日からもう2年になりましたね。昨日は多くの犠牲になられた方のご冥福を
お祈りしながら過ごしました。
あの震災のあと、HISAKOさんが書いてくださったように当たり前の暮らしができることが
本当にありがたいことなのだと、折にふれ思い知らされながら過ごした2年でした。
今回のHISAKOさんの記事、なんども読み返して、涙が止まらなくなりました。
救助に当たられた自衛隊の方の使命感を超えた人間愛に感動しました。

今でも、東北ではまだ不自由な暮らしを余儀なくされていらっしゃる方々がまだまだおられる
ことを忘れてはいけませんね。震災以後、HISAKOさんのいつも東北のことを思い、心を砕いて
支援をしたり、呼び掛けをしてくださったこと、頭が下がるとともに、本当に感謝しています。
今年もお花の力を借りて、なにかお役に立てればうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日、陸前高田の吉田 正子さんのことを書かせていただきました。記事内にHISAKOさんのブログへ
リンクを貼らせていただきました。事後承諾でごめんなさい。。。です。

rose
  • posted by rose 
  • URL 
  • 2013.03/12 20:50分 
  • [Edit]

のんたんへ 

のんたん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

大丈夫ですよ。
もうニュースも、津波のシーンがそうそうあるわけでなく
2年経っての笑顔、頑張ってる方たちの笑顔もたくさん観ることが出来ました。
行って来た大槌町や、陸前高田、そこまで行く中で通った町、
お友達のいる大船渡、南三陸・・
お会いしたこともある方も居たり・・
・・でも、1年経ってこの光景?・・
震災から2年経っても?・・
・・そういう切なさも感じながら・・まだまだですね。
のんたんには、ほら、糸をご提供頂きましたよ。
とても助かってみえると思います。
お贈りした彼女のブログを見てくださるだけでも嬉しいです!

http://ameblo.jp/umionna3036/entry-11489347802.html

  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2013.03/13 10:13分 
  • [Edit]

wilmslowさん、ようこそ! 

wilmslowさん、初めまして!
大好きなroseさんのブログから飛んできて下さってありがとうございます。

直接知っている人が居ない土地ならば、やはり、どうしても他人ごとになってしまうと思うのですが
Facebookや実際行ったことで、繋がりが出来て来るので
やっぱり他人ごとには出来なくなってしまいました。

なので、出来れば現地の方と誰でもいいから繋がりが出来たらいいな・・っと
単なる募金・・ではなくて、直接東北の方とつながれる方法を
ここに来て下さる方へご紹介してきました。
まだまだ出来ることがあるので、またご紹介出来たらいいなと思います!
アメリカにお住まい・・なのですね!
アメリカから日本を思って下さって本当にありがとうございますm(_ _)m
素敵なブログも拝見しました。
春が楽しみですね!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2013.03/13 10:20分 
  • [Edit]

roseさんへ 

roseさん、こんにちは!

wilmslowさんが、roseさんのブログから飛んできて下さって
とても嬉しかったです。
ご紹介本当にありがとうございます。

roseさん、改めまして・・
ずっと東北へお花を送って下さって本当にありがとうございます!
吉田さんの記事も、ブログの中で紹介して下さって、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございます。
今すごく寒くて大変のようですが、
新しく出来た吉田さんのあのお部屋のそばに、
パンジーとかがスタンバイしていたと、
Facebookのボランティアの方が書いていらっしゃいました。
きっとroseさんの苗ですね!
本当に吉田さん、喜んでいらっしゃると思いますよ~
あの記事の中のパンジーも、roseさんからのものでしょうか?
すごく嬉しいなあと思いながら拝見しました。
リンク、ここからも貼りましょうかe-398
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1070/20130101_01.htm
吉田さん、あのお庭を、全国から集まって来るお花で、きっといっぱいにして下さいますね。
私もお送りする苗を作り中ですe-349
あのバラをね(^_-)-☆
咲く頃にお送りしましょう。

本当にご協力、いつもありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2013.03/13 10:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー