Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

SCHOP DAN 団長 in NAGOYA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今夜のゴハンが、君のお母さんが最後に作ってくれたゴハンだとしたら。
それでも「いただきます」も言わないで「ごちそうさま」も言わないで、嫌いなモノを残しちゃうのかなぁ?
多分ね、ちゃんと挨拶して、全部食べちゃうと思います。
頑張って我慢して食べるのとは違う。
悲しい気持ち?
ごめんなさいの気持ち?
さみしい気持ち?
なんか、どれも当たりだけど、僕は「ありがとう」に近い気がします。

ありがとうには、涙が似合う気がする。

ありがとうの近くに、涙があるような気がします。」

・・・・・・・・・・・・・・・・スコップ団 団長 平了さんのブログ「僕の消灯時間まで」より・・・・・・・・・・・・・・・・・・


バラの春画像から一転しますが
この気持ちをどこにぶつければいい?
・・やっぱりここに記しておこう・・っと
このブログにも書く事にしました。

震災以降、活動してきた団体の中で
「カッコい~い!」っと心酔して来た団体と、その団長が居ます。
それが、去年の3月6日にも紹介した、スコップ団

http://schop-dan.com/
AnRWJcXCQAAxwSG-S.jpg

週末、宮城県の山元町、山下駅に朝9時集合、
津波でひどい被害を受けたお宅へ
スコップをた~っくさん積んだトラックで大人数でガーッと駆けつけて
みんなでダーッと片付けて、ピッカピカにして、さっと消えていく・・
そんな活動が、シンプルですごくカッコよくて
・・あ!You Tubeにありました!




そんな活動をしているスコップ団の団長ブログに
毎日毎日アクセスして追いかけて、
いつか、このスコップ団の活動に参加したいと熱望しつつ
「集合の、週末の朝9時、山下駅ってどうやったら行けるんだろう・・」
そんなどうしようもない理由をつけてマゴマゴしているうちに
昨年の3/10の花火大会をもって、活動を一旦休止されたのですが・・

この頃の団長ブログにアクセスしていると
日本中のいろんな学校での講演会の様子が垣間見えて
「いつかうちの学校にもお越し頂きたい」と思うようになっていました。
・・そうしたら、ちょうど私が非常勤でたまに行っている学校でも
「東北のことを語れる人に誰か来て頂けないか」と探してみえて。

是非ぜひ団長さんを!っと学校の先生へ大推薦!

そうしたら、やっぱり、
テレビや、糸井重里さんの「ほぼにち」で見ていた!と言う先生がいらして
団長さんへ連絡、来ていただける事になりました。

せっかく来ていただけるのなら!・・っと
前日か当日、この近くに住むスコッパーさんや、
スコップ団に憧れて来た人たち、学校の先生方もお誘いして
団長さんを囲む会が出来ないかと計画・・
団長さんも快諾!してくださって、
3回も参加された素敵な女性スコッパーの方や
東北大好きな仲間や、先生方や、娘たちも一緒に
名古屋で集まることが出来ました。
(スコッパーの方たちの心優しさにも触れて感激o(;△;)o)

13SCHOPDAN0205-S2.jpg

その中で話して下さったこと・・
これから講演会でも話されることだとも思うので
あまり紹介は出来ませんが、
一番最初に載せた言葉・・や
「スコップしてて、終わりそうなタイミングで
その家の人が何かしてくれそうだなって思うとき
『あ~のど渇いた!』
そう言うと、その家の人は大急ぎで飲み物を買いに走ってくれる。
・・その時に俺らは黙ってそこから逃げるわけよ。
おうちの人、何十本もジュース買って来て、戻ってきてボーゼン
なんだか、『お礼を言われそうだな』と思うと、そういうタイミングを作らないんだ」

カッコいい・・本当に全くの無償の活動、お礼さえ受け付けない・・
そんな潔い姿勢に若者たちが惹きつけられたからこそ
5000人も集まる団体になったのでしょう。納得でした。

講演会当日、
子どもたち、団長の、震災後の悲惨な事実に衝撃を受けながらも
じっくり聞いていました。

「今朝、おうちの人に行ってきますってちゃんと言って来た人?」
・・今日の行ってきますが、最後の挨拶になったかもしれないんだ。
今日食べるご飯が、お母さんとの最後のご飯になってしまうかもしれないんだ。
震災のとき、君たちと同じような小学生の子どもたちで
突然お父さんやお母さんと会えなくなってしまった子もたくさんいたんだ・・

そんな悲しい事が本当に起きたんだ・・

一生かけて真剣に勉強していく事を見つけていく大切さとともに
大切な人に、今日限りで会えなくなるかもしれないといつも意識しながら生きていく
「大好きなお母さんにいつもありがとうって感謝の気持ちを伝えておこう」
そんな素敵なメッセージまで。
本当に心に残る講演会でした。
講演会に展示されるパネルもあって、
子どもたち、真剣に見ていました。(↑の写真の中右)


世の中には、いろんな大人がいます。
それでも、この平了さんの生き方、ものの見方
それに、お姿にも言葉にも、本当に
シビれました
彼に会った人が誰でも惹きつけられる理由がよくわかった。

そして、ブログ「僕の消灯時間まで」に寄せられてくる
保護者の方からのコメントがまたすごく嬉しくて!
ああ、かわいい子どもたちに、平さんの言葉を伝えられて良かった!
・・そう思います

バラの写真を見に来て下さった方にも
スコップ団団長、平了さんを知っていただきたく、
ご紹介でした。

そうそう!4/13には、なんと!
団長さんのバンド、東京でLIVEなさるそうです。
「ラママ」という東京のライブハウスだそうです。
お礼にかけつけなくっちゃ!



13SCHOP-NAGOYA-S_20130205140412.gif

最後までお読みくださってありがとうございました。

最後に!
おばあちゃんの指輪を見つけた!ときの映像。
これにまた感動!







関連記事

Comment

早速に 

お邪魔してしまいました。
こんなに早く読ませていたただいて、本当に感謝です!

きっと、書いても書いても書き足りないんだろうなぁと
HISAKOさんの思いが伝わってきました。

団長さんブログのコメントも、ボロボロ泣いてしまいました。
人を変える力を持っているって、本当に稀有な事ですよね。
語る言葉も、物事を実現する力も、本当に感動します。

あの団長さんを育んだ方にも講演会していただきたい(笑)

お花もステキですね~~♪
私も、何をどうやって頑張っても枯らせてしまうので
もう被害を出さない為に、何も育てなくなりました(;・∀・)
何か、変な毒でも出てるんでしょうか・・・(笑)

ありがとうございました。
  • posted by ゆか 
  • URL 
  • 2013.02/06 13:16分 
  • [Edit]

ゆかさんへ 

ゆかさん、早速お越し下さってありがとうございます。
団長さんの話・・子どもの前でもあの話し方で
だから、子どもたちは、一字一句逃さないように、真剣に聴いていました。

ゆかさんが書いて下さったとおり
書いても書いても伝えられないのです。

あの日の、報道もされなかった悲惨な状況が、子どもたちに伝えられて
信じられないけれど、この悲惨な状況は実際に起こったことで・・
そんなことを、子どもたちは自分のこととして受け止めたのだと思いました。
朝「行って来ます」って言った言葉が
大好きなお母さんとのお別れだったのかもしれないんだよ

・・団長さんの静かなメッセージで
子どもたちはそんな状況を想像して
「そんなの嫌だ・・」ってきっと思ってくれたのでしょうね。
団長ブログへのコメントを書いてくれたお父さん、お母さんの言葉
泣けてしまいましたね~。。
でも、ちゃんと、私の大好きな子どもたちが、お母さんに

『出かける前にちゃんと挨拶をしました。「お母さん、行ってきます。僕ね、お母さんの子供でよかった。僕ねお母さんにありがとうって毎日言いたいよ。お仕事、気をつけてな。」
早口でそう言って走って行きました。
変な話ですし、不謹慎かもしれませんが死んでも構わないくらい幸せな気持ちになり、涙が後から後から溢れてきました。』

このコメントを読んで、すごく嬉しくてまた泣けましたo(;△;)o
団長さんの言葉は、心の奥底に沈んで、
じっとこれからも何かあるたびに思い出してくれたらいいなと思いました。
私も、大好きな家族に、友達に、仲間のみんなに
いつでも「大好きだよ、大事だよ」って伝えておかなくっちゃ・・!

今日、こちらでも地震があって、驚いたのですが、そのときも
「大好きな人に大好きって言わなくちゃ!」って
すぐに頭に浮かびました。

そうですね~団長さんを育てた方にもそうだし、
きっと団長の奥様あっての団長!って気もしましたよ!
その辺も、じっくり前日の会でお聞き出来て
ホントに、団長さんのいろんな面も知れました。
(ちょっと○○いところもe-264
面白いお話しし出すと、大爆笑の連続・・本当に素敵な団長でした。

東京で4/13にLIVEだそうですよ!
「ハチマキ」ですって!
「来て下さい・・じゃなくて、みんな来なさい!」って仰っていました。
このLIVE、会場をいっぱいに出来たら
次のステップも待っているそうです!
これはみんなで手をつないで応援しなくちゃですよe-271
  • posted by  HISAKO 
  • URL 
  • 2013.02/06 22:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

思い出しました!
私も毎日毎日ブログの追っかけしてました。

宮城で天国に1番近い山?の上での冬の花火
20000発の花火を
涙流しながら見てたのを思い出しました。
思い出させてくれてありがとう~!

団長さんの仕事はまだまだ終わらないね
  • posted by K 
  • URL 
  • 2013.02/08 23:32分 
  • [Edit]

Kさん!ありがとうございます! 

Kさん、ようこそいらっしゃいました!
コメントありがとうございますm(_ _)m
昨年も、ご協力ありがとうございました。
彼女、喜んでいつも活用させて頂いております。

そうなんです。
「天国へぶっ放せ!」の花火ですね・・
Kさんは、見て下さったんですね。ありがとうございます。
そうそう、Kさんのブログでも応援していらっしゃいましたよね!
拝見していました!

花火・・勿体ないとか、意味がないとか、そういう心無い言葉があったそうですが・・
団長、意思を曲げずにやり遂げてくれました。
みんなが当たり前の生活をしていた、
一番幸せだった3/10に・・っと言う意味。
http://blog.goo.ne.jp/cheapdust/e/768944be6fa5d0cbc1c053f46b8e8978

団長の話を聴いて、津波でお母さんを失った女の子が、
「大きくなったらタイムマシーンを作って
3/10に戻って、お母さんを助けに行く」って誓ったそうです。

その為の努力を真剣にしているんだという話を聴いて・・o(;△;)o
きっと願いが叶う日が来るって仰っていました。

見えるものばかりを追い求める今の社会。
「大切なものは目に見えないんだよ」という、星の王子様の中に出てくるキツネくんの言葉を思います。
亡くなられた方への想い、家族への想い、大切な人を大切にしたいという気持ち・・
見えないけれど、大切な想いがたくさんありますよね。

団長さんの、そんな想いをいっぱいいっぱい感じました。
講演会の当日起きたらもう前日のブログの記事がアップされていて
ちょっと泣けましたo(;△;)o

さすが団長です!

今のブログも是非、追いかけて下さい!
変わらない団長さんの想いと、
次の夢(ハチマキと言うバンド!)への熱い想いが語られています!
もちろん、講演活動も続けたいそうです。
またきっと名古屋にお越し頂きます。

Kさん、本当にありがとうございます!
いつか花火の話を聴かせてください!
  • posted by  HISAKO 
  • URL 
  • 2013.02/09 11:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

HISAKOさん
ご無沙汰しております。
団長さんカッコいいですね!
涙が止まらなくなっちゃいました。
武士のように格好の良い方だと思いました。
本当に困っている人に手を差し伸べる事が出来ない男ばかりで嫌になってました。
日本にもまだこういう男性がいたのですね!
嬉しいです。

そして、
HISAKOさんのように影響力のあるかたが震災の事を真剣に考えて下さって、
発言して下さる事に感謝しています。
私はTVを見ないから知らなかったのだけど。。世間では311は終わった事なのだそうです。。。
津波でご家族、家、仕事、をなくした方
福島で今も地獄の中を生きている方
『風化』だなんて。。私には考えられない。
HISAKOさんの活動は被災者の方々の励みになっている事と思います。
私も勇気を戴いています^^

春、またお会い出来る事を楽しみにしています!

歩ちゃんへ 

歩ちゃん、こんばんは!
ちょっとお久しぶりです。
でも、ちっともぶれない姿勢、いつも自分の姿勢がピン!と伸びるような思いで
見ていますよ。
そして、応援しています。

団長さん、ものすごくカッコ良かったです。
いつも、理想の男の人はって、娘たちとも考えるんだけど
何か大変な事が起こった時に、
身体を張って守ってくれる人とか、
ちょっと危ないことをしてでも助けてくれる人とか
そんな事を言いながら、
そんな人ってこの頃いるのかなあって
(パパはきっとそうしてくれるって言ってるけどね(笑)
・・そうしたら、居たんです。
団長、まさにそういう人でした。

ガソリンが足りない時に、仲間に呼びかけて、ガソリンをがーっと集めたり
遺体が傷む時期になってしまったときに
ドライアイスを全国から集めて、損傷が進むのを遅らせてくれたから
遺体の確認が出来たと喜んでくれた人が
たくさん居たそうです。
原発から近いところに取り残された動物たちも
「友達が中に居るから」って制限区域に入り込んで助けて来たり・・
とにかくボランティアって言葉がきらいで
「困った人を助けるのは当たり前だろ?
友達を助けることをボランティアって言うか?」
「被災地」「被災者」「支援」・・なんて言葉も、
吐き出すように嫌いだって仰っていました。
「人助けに理由はいらねえ」って、スコップ団のキャッチコピーのようになっているけど
本当にそれを地で行く人だなあと思ったよ。

・・すごく心の琴線に触れる言葉が
当たり前のように口から出てくるのね・・
震災を語り継ぐだけでなくて、震災から学んだ価値観や、生き方や・・
大切なことをたくさん教えてくれました。
なんだかオバサンは恥ずかしくなったよ。
全然本気なんかじゃないって。

でも、歩ちゃんは、いつも本気なのを感じます。
応援してるからね!
・・難しいことだけどね、福島に住みたい人を説得するのはね。
でも、諦めたらいけないんですって。
団長が一番力こめて言ってた言葉でした。
「あきらめちゃいけないんだ」

・・あんな男子が日本にいることが、本当に嬉しかった!
歩ちゃんと団長が本気で組んだら
日本が変わりそうな気がする!
  • posted by  HISAKO 
  • URL 
  • 2013.02/11 20:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー