Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

「My GARDEN」夏号発売です。今回は、岩手、被災地への旅。


昨日までは晴れていた名古屋も、今日からはシトシト雨となりました。
しばらく水遣りから開放される~\(*^▽^*)/
葉もとても元気なので、葉の数がなかなか減らずに
なんだか緑だけの、森のようなルーフになっておりますが
2番花もちらほらかな~・・
少ししたら、春の怒涛のアップも是非、お付き合いくださいm(_ _*)m

今日は、6月16日。
末の弟の誕生日でもありますが
「My GARDEN」夏号発売されました。
まず、福岡将之さん撮影の表紙がすっごく素敵です。
MG63-S.jpg

表紙を撮られた、福岡将之カメラマンにお聞きしたところ
一瞬の晴れ間に撮られた、貴重なワンショットだそうです。
と~っても素敵な表紙です。

この夏号、バラだけでなく、素敵なリーフなどで作られた
ナチュラルなお庭がたくさん登場しています。
無農薬バラ栽培仲間の、矢崎さんのお庭は、
何度見てもしっとり落ち着いた素敵なお庭・・
矢崎さんのblogは⇒ROSASOLIS

てんちょさんの
おしゃれで小さな「薔薇の庭」のバラたち
新品種もオールドローズも載ったガーデンローズ図鑑は、
わかりやすくて、写真もとても美しいです!

それから、54ページでは
春号の薔薇館のページで、「ふゆそうび(冬薔薇)」の写真を提供してくださった
花ごころ & デルバールジャポンの村田高広さんの、
最高に美しいピンクの薔薇の写真が!
これは嬉しいです!
薔薇仲間であり、写真仲間でもある村田さんのページ。
デルバール社のアルノー氏ともごく近い村田さんの情報は
とてもとても信頼出来るもので、また
レンズオタク(←本人談(笑)の村田さんの写真は
ずるいほど(!)美しいです!

毎回楽しみな玉置一裕さんの連載は、シックな「いおり」

夏号は、はじめまして!の素敵なお庭が目白押しです。

そして、私も先日、講演会に参加した
Paul Smitherさんの「絵本の森」の庭づくりのページ
いいですよ~。
肥料も消毒もいっさいしないと言う
本物のナチュラルな庭・・ピクチャレスクガーデン
こんな庭の中に居たら、癒されるだろうなあ・・
福岡さんの写真、見ていてとても落ち着きます。


そして、私に頂いたページです。
去年の冬号、春号と、素敵な薔薇のお庭を紹介させて頂きましたが
今回は、少し予定を変更して、被災地へのボランティアツアーレポートを
掲載していただきました。

tIMG_0097.jpg


去年の震災以降、今まで、
何か小さくても自分に出来ることがあれば・・っと願いながら
ここに来てくださる方にも被災地へ、浴衣や、扇風機、
冬には冬物家電、岩手のクリスマス会には、子供たちへお菓子などへ、
ご協力を頂いてきました。
ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。

そうしながら、心の中では、機会を見つけて 被災地へ行かなくては
大きなことは出来ないけれど
自分自身が、庭の花たちに癒されながら日々過ごしていることを考えると
津波で庭を流されてしまった方に
もう一度お庭を持って頂けるお手伝いがほんの僅かでも出来たら・・そう
ずっと心に願ってきました。
・・でもどうすれば?

私が参加している「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の先輩が
「あなたはこのツアーに行くべき」と、
陸前高田で、津波に流された自宅跡を花畑にして
市民が憩う場所を作りたいと活動をされている吉田正子さんと、
津波が駆け上った大槌川の河川敷を菜の花畑にしたいと立ち上がった金山文造さん
その二人のもとを訪れるボランティアツアーへ誘ってくれました。

1tIMG_0084S.jpg

吉田正子さんは、きっとご存知の方も多いと思いますが
震災以降、復興ひまわり畑、傾斜地のメドウ・・
お花畑を作って、そこを癒しの場所にしたいと
活動を続けておられる方です。
ずっとお会いしたかった・・その方と
3月末に、やっとお会いできました。
そのときのレポートも混ぜて、記事を書かせて頂きました。
そうそう、Paul Smitherさんが大好き!と仰っていたのが
この吉田正子さんです。
なんと!Paul Smitherさんの次のページにご登場頂けて
・・喜んでくださっていたらいいな・・

大槌町の金山文造さんが、震災後、はじめはひとりで始められた活動にも
大きく感動しながら参加させていただいてきました。
2tIMG_9886.jpg
初めてこの方の活動をご覧になる方もいらっしゃると思います。
どうか、「My GARDEN」を手にとってご覧いただけたらと思います。

ボランティア活動をしながら、写真をたくさん撮ることは出来ないうえ
何度も頻繁に行ける距離ではないので
お世話になった添乗員さんや、大槌町の菜の花プロジェクト支援会の森さんに
素晴らしい写真をご提供頂いて、記事が出来上がりましたが
実際に被災地に立った者にしか感じることの出来ない
プライスレスな経験・・想いがあふれてあふれて
文章がまとまるまで、長いことかかりました。
まだ、復興という言葉なんて程遠い被災地。それでも
被災地ではずっと悲しい顔していなきゃいけない?
辛い顔してなきゃいけない?

いえいえ、悲しみの底から這い上がった方たちの笑顔の
明るいこと!やわらかいこと、そして温かいこと・・
その前で、衝撃を受けた辛い顔を見せるのは、逆に
時間を逆回ししてしまうことのようにも感じてしまいました。

笑顔で立ち上がったみなさんは、
ボランティアの方たちの笑顔によって救われてきた
・・そんな新しい発見もありました。
笑顔は伝染するのです・・

00tIMG_0154.jpg
左、カリスマ添乗員、今井仁さん、
津波から、命からがら逃げ切られた方です。
ご自身が被災しながらも、底抜けに明るく、救われました。
右、ツアーに誘ってくださった渡辺さん
渡辺さん、本当にありがとうございましたm(_ _*)m


記事の中では、大槌町の金山さん、
陸前高田の吉田正子さん、そして
ボランティアツアー中、みんなの手をつなげて
絆を築いてくれた、添乗員の今井仁さんをご紹介させていただきました。
また、私が参加している
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の中ではじまった
「緑でつながるプロジェクト」の話も少しだけご紹介できました。
これから本格的に、お花の苗の支援、
お花作り、コンテナガーデン作り、野菜作りのノウハウなど
普通に当たり前の生活が出来ている私たちに出来ることが
たくさん出てくることと思います。
是非、たくさんの方のご協力をお願いしますm(_ _*)m

素敵なバラのご支援のお話も頂いています。
被災地に素晴らしい笑顔が届けられる、素敵なご支援だと思います!
是非、あとに続くナーセリーさん、お待ちしています。

右のバーに、その 緑でつながるプロジェクト

logo_midori_0614_small.jpg

その下に、私たちも気軽に参加できる、
私も行って来た、ケッパレ東北ボランティアライナーツアー
リンクさせていただきました。
d0d40357125788fe1356b496b903219b.jpg

今、掲載されている宿泊施設の遠野ふるさと村は、
映画「HOME愛しの座席わらし」のロケ地だったところだそうです。
座敷わらしと出会えるかも?
それに、ボランティアも、観光も出来るコース
「ボランティアと観光込なんて!」と思われる方は
「My GARDEN」に載っている今井仁さんからのメッセージ、
是非ご覧くださいm(_ _*)m

カリスマ添乗員の今井仁さんは、とにかく大人気でした。
彼の話は、素晴らしかった。
彼の口から出てくる、岩手の復興を願う言葉は、
キラキラと輝きながら、熱を持って
私たちの心にストレートに届いて来ました。
今井さんの話を、子どもたちにも聞いて欲しい・・
そんな願いを、ちょうど、社会学級の講師を募集していた小学校へ推薦し
先生方も、是非聴きたいと、岩手からこちらへご招待。
子供の学校で、講演会を行っていただくことも出来ました。
そして、そのあと、東海地区からのケッパレツアー参加者の皆さんと
東京から、今井さん大好きなメンバーも集まって
今井さんとの再会も喜びました。
602983_381301501919290_1770112027_n_20120616144952.jpg

今井仁さんのあつい言葉あふれるblogは、こちら(クリック!)
私が参加した日のレポート(330発)
名古屋上陸!のレポートもアップされています。

想いがあふれてあふれて、長い紹介記事になりました。

「ボランティアツアーってどんな感じなの?」
そう思ってくださった方へ
是非ぜひご覧いただきたいページも作りました。
ケッパレ東北ボランティアライナーツアー参加レポート
ドタバタと、バスに乗り込むときから書いています↓

大槌 金山文造さんの菜の花プロジェクト編 (CLICK!)

陸前高田 吉田正子さんの希望の庭 編 (CLICK!)

お世話になった添乗員さん、今井仁さんを名古屋にお迎えしたことも最後に加え
心だけはたっぷり込めて書きました。

実際に被災地に立って
「復興」という言葉なんてまだまだ程遠いことを、実感しました。
まだまだ私たちが小さくても出来ること
やらなければならないこともたくさんあることも実感しました。
↑のレポートの中には、実際に見た被災地の現状も、たっぷり入れさせて頂いています。

どうか、最後までご覧いただけましたら幸いですm(_ _*)m

最後に・・吉田正子さんと周りの方たちで
お花畑の維持のために
かわいらしいひまわりと、ハートの形をしたアクリルたわしや
右のカゴの中にあるような、かわいらしいドレスタオルを
作っていらっしゃいます。
yosida-setDSC_0017.jpg
そのタワシや、ドレスタオルを作るための、アクリル毛糸やかわいらしいタオルを
是非吉田さんのもとへとご協力くださいm(_ _*)m

吉田さんが、お花畑に行かれるときにいつもいらっしゃる
ビニールハウスの住所は
〒029-2206
陸前高田市米崎町松峰110-5
菅原動物病院跡ビニールハウス気付 吉田正子様
もしお手元にないけれど、ご協力いただける方は
こちらのAmazonの欲しいものリスト(クリック!)
ギフトとしてお送りくださったら、送り主のご住所が伝わります。
このリストからご注文いただけたら、吉田さんのもとへ届きます。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

長い長い更新、最後までお読みくださってありがとうございました。

「My GARDEN」夏号、書店に無い方は、
Amazonはこちら
楽天BOOKSはこちらです。


今井さんが名古屋で、集まったみんなにプレゼントしてれた
めっちゃくちゃ美味しかったスイーツ
00P1040187s_20120616182432.jpg

(今井さんのblogよりお借りしました


■□追記□■
・・・被災地の写真をスライドショーにしました・・・
やはり、現地を伝えなければと。









関連記事

Comment

NoTitle 

HISAKOさん、こんばんは。

My GARDEN63号拝見しましたよ。
私は、定期購読なので、今回はなんと14日に届けていただいて皆様より一足早く読ませていただきました。

HISAKOさんの、いま、「花の力」を信じてのページ、なんども読ませていただきながら胸が熱くなりました。震災以来、ボランティアにご尽力されてきたHISAKOさんのお声掛けで、ほんの心ばかりですが、ご支援のお手伝いができたことも嬉しく思っています。

吉田さんの暖かな笑顔を始め、被災地で懸命にがんばっていらっしゃる皆様のご様子...
P106の明るい笑顔の秘密は?そこにはやっぱり、私たちが大切にしている「花の力」があったからです。
という言葉が深く心に残りました。

「花のちから」、今までは私の楽しみであったバラやお花たちがこんなにも人々を力づけていることに感動
しています。花からもらった幸せ、今度はだれかのために...

HISAKOさん、すばらしい記事を届けてくださってありがとうございます。私もいつかお花をご縁に
ボランティアに参加させていただきたいです。

rose

  • posted by rose 
  • URL 
  • 2012.06/17 00:05分 
  • [Edit]

roseさんへ 

roseさん、こんにちは(^▽^*)/
早速のコメントありがとうございます
この号、届けられるのが早かったですね!
先日は、ご協力ありがとうございました。
吉田さんからのメッセージ、とても温かかったでしょう?
こうしてつながりが出来ること、本当に私も嬉しく思いました。

東北の方とつながれば、震災は他人事ではなくなって
一緒に復興を願えるようになりました。
そんな気持ちも、きっとroseさんとは共有出来そうです。

「花の力」・・大きいと思います。
みんながきれいなお花を見て、笑顔になることが出来たら
なかなか足が前に出なかった人も
笑顔で 一歩前に足を出す弾みがつきそうな気もします。

そう、roseさんが書いてくださったように、
私たちが、毎日お花たちから受け取っている力を
今度は誰かのために・・っと思う気持ち
それがとても大切だと思いました。
ひとりでも多くの方が協力してくださったらいいなと思います。
roseさん、これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _*)m

ほんとに、いつか東北へご一緒しましょうね~!
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2012.06/17 15:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

HISAKOさま、こんにちは♪

台風4号、こちらでは思いのほか早く過ぎ、風もひどくはなかったのですが
HISAKOさまのルーフは大丈夫でしたでしょうか・・
三河を通り過ぎていった台風・・黒田さんのお庭も被害がないことを願っています。

My GARDEN夏号をあらためてじっくり読んでいます。

復興に向けて立ち上がっている方たちの笑顔
今井さんの明るい笑顔
(リンクから今井さんのブログ拝見しました・・
明るくてエネルギッシュでびっくりです!!)
吉田さんの優しい笑顔、菜の花と見守る金山さんの笑顔が
筆舌に尽くしがたい悲しさやつらさを秘めての笑顔だと思うと
じーんときてしまいますが、この笑顔の源が花なのですね

ドーナツリングにこめられた想いにも感じ入りました。
ささやかなことでも自分の出来ることを続けていきたいです。


My GARDEN夏号、今の時期にぴったりのしっとりした感じのお写真
梅雨の合間の晴れ間のようなお写真がたくさんでしたね^^
何度も眺めてしまいます。



  • posted by まかゆう 
  • URL 
  • 2012.06/20 18:06分 
  • [Edit]

まかゆうさんへ 

まかゆうさん、こんにちは!
台風、急に風がパタっと止んで、「台風の目の中?」と思ってしまいましたが
そのまま、通り過ぎていってくれましたが
やはり、豊橋の黒田さんのお庭は随分被害があったようです。
落ち込んでいらっしゃった黒田さん
どれだけ庭を大切になさっているか、よくわかりました。
まかゆうさんのお庭にも大きな被害がなくて良かったですね~。

さて、「My GARDEN」夏号、見てくださってありがとうございました。
ただの、「ボランティア行って来ました」の記事ではなくて
あの3人を、「被災者」というひとくくりではなくて
「吉田さん」「金山さん」「今井さん」とという
悲しみを乗り越えた笑顔の素敵な3人の
おひとりずつにスポットをあてて紹介したかった・・
・・そんな気持ちを、編集長、社長さんがよく汲んでくださいました。
あの色のない土地を、一日も早く色とりどりの花で彩って行きたい
そんな思いもますます強くなって
ボランティアの方も書かせて頂きました。

そう、あの明るい笑顔の源が「花」
自分のためではなくて、あの場所に住む人たちのために
活動を続けていらっしゃることも本当にすごいことと思いました。
リンクの先にあった、被災直後の大槌川・とてもショックでした。
あの場所が、一年後は・・そう思うと、金山さんの思いの強さに感動します。
(ご本人は、「いや~ボランティアの人たちのおかげだよ~ハハハ~」と
陽気に笑ってくださいますが)
・・っと、話しているとね、止まらなくなってしまいます。
また、まかゆうさんに実際にお会いした時に
熱く語らせてください・・・e-348

夏号、しっとりしたお庭がたくさんでしたね~。
楽しんでいただけたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2012.06/21 15:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー