Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

I wish you a Merry Christmas


クリスマス・イブがやってきました。
どんな1日になりそうですか?
去年と同じく、暖かい部屋で、家族と一緒に過ごせることが
こんなにありがたく思えた年はないのではないでしょうか・・


11merryIMG_9899.jpg


先回の記事で 「My GARDEN」を手にとってご覧下さった方
どうもありがとうございました。
このコメント欄はもちろん、
電話やメールや・・各snsなどで感想を伝えて下さった皆様も、
本当にありがとうございました。
来春、黒田邸には、またたくさんの友人とお邪魔出来そうで
今からとても楽しみです。

・・その前に、
5月にバラとガーデニングショウで
一緒に予約したバラが到着したそうで、
黒田邸に受け取りに行って来なくては!
(シックで有名なブランドのバラです
・・っと言うことでまた、
黒田邸の冬のお庭も拝見出来る日が楽しみでもあります。
クリスマスローズもたくさん咲いていそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、早くからご協力をお願いしていた、「クリスマスに笑顔を」
23日、岩手県の宮古市で
「お餅つき」と「クリスマス会」が開催されました。
臨時速報で、写真を数枚見せて下さり、
web公開もご了承頂きましたので
早速、速報っと言うことで、ご覧頂こうと思います。

まずは届いたダンボールの山・・これは火曜日の写真なので
昨日までにはもっともっと届いたと・・
ご支援くださった方の温かい思いがいっぱいです。

miyako2.jpg

岩手県はお餅文化が根付いているそうですが、
現地の方が「今年は餅つきは出来ないのかね~やっぱり・・」
「子どもたちは去年のようにクリスマス会を開いてあげたい」と
・・そんな声を聞いて立ち上がった
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」岩手支部の方に賛同した
たくさんの方の温かい協力を得てはじまりました。

私も息子の担任の先生に話してみたところ、即!
飛び出すカードでクリスマスカードを作ると考えて下さって
児童会の子供達は飛び上がって「何かしたい!」と
なんと校長先生まで賛同して下さって
こんなお手紙まで出して、全校に協力を呼びかけてくださって
ダンボール4箱もの文房具を集めて下さいました。
111213IMG_0051.jpg
保護者の方からも、こんな機会を待っていたと言う声が多く集まったそうで、
本当にありがたいことです。

岩手のイベントの名前は、「みんなでお餅ぺったんこ」
おじいちゃんもおばあちゃんたちも、
「もち米は早くから水に浸しとかなきゃいけないけど、大丈夫か」と
そわそわしながら、とても楽しみに待っていてくださったそうです。

今日の10時からはじまりました。お餅つき。
miyako3.jpg
子どもたちの元気な餅つきに、きっとお年よりも目を細められたのではないでしょうか。
うわっ、半そでの子が!
・・冬もの足りてないのかなっと心配になりながら・・
きっともうぺったんしてあつくなった子なのかな・・?

miyako4.jpg
そして、会を待つおちびちゃんのかわいいサンタたち。
このあどけない笑顔・・
救われる思いです。

miyako1.jpg
こちらは、少しお姉さんたちのこの嬉しそうな笑顔。
・・笑顔の下の涙も、今日は、お餅と一緒に呑みこんでくれたかな・・
本当は、去年のイブみたいに、
それぞれのおうちで、クリスマス会を開きたかったのではと・・
そう考えると、ちょっと切なくなってしまいますが・・

miyako5.jpg
みなさん、お餅つきと、クリスマス会、とても喜んで下さったそうです。
良かった~!!

お聞きするところによると、この中には、
一度津波に呑まれたけれど助かったお母さん
津波においかけられたけど逃げ切ったおチビちゃん・・
そんな方々も、もちろん、いらっしゃいます。
でも、みんな楽しそうで、本当に良かったと安堵しました。

ここでの呼びかけに賛同して下さった皆様
本当にありがとうございました。
また明日も違う地区(山田町)で開かれるお餅つきの会が終わったら
きっとたくさんの写真を見せて頂けることと思います。
ご協力くださった方にはまた改めて写真をお送りしようと思います。
本当にご協力ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の「My GARDEN」の
黒田さんの記事の中にも書かせていただきましたが
黒田さんとの会話の中で
「震災に遭われた方で、バラを育てられなくなった方
たくさんいるだろうね。たまらないよね・・」
そんなやり取りがありました。

きっと、冬に入って、「植え替えする時期だな」とか
「剪定する時期だな」と思い出されるたびに
とっても寂しい思いをされていると思うとたまらなくなってしまいます。

震災直後は、バラどころではないと思われていたそんな方たちも
いつか、生活の中にまたバラを育てられる気持ちの余裕を持てるときが来たら
どうにか最初のひと苗を、プレゼント出来る方法がないものか、模索をはじめました。

まだ夢物語ではありますが
まず考えたのは、パテント切れのオールドローズを、自分で挿し木をして
一定期間大きくしたものを、
種をまこうプロジェクトのように被災地の元バラ栽培者に届ける方法がないかなと言うこと
・・でも、やはり、挿し木や自家増殖には抵抗のある方もみえるだろうし
バラ屋さんに迷惑をかけずに、むしろご協力を頂いて、小さな苗を安く生産して頂いて
それを持ち帰ったひとが一年なり育てたものを、被災地の欲しい方へお送りすること・・
そんなことが出来たらいいのになぁと、ボーっと考えながら、過ごしています。
何かいい方法はありませんか?

前、TVで観た光景に、
どんな支援物資よりも、朝顔の種をもらったおじいさんの笑顔が
とっても嬉しそうで
早速ニコニコと庭にまいてみえた笑顔が印象的でした。
お花には、そんな、人を笑顔にする力があることは
お花を育てている私達が一番知っていますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・そんなこんなで、今年もあと少し・・
去年と同じ暖かい部屋で、当たり前のクリスマスを過ごせることを感謝するときに
いつも、震災に遭われた方たちの今を忘れずにいたいと
まだ、暖房もない部屋で零下を過ごす方達がいることも・・

・・一日も早く、東北の方達が
心からの、本当の笑顔になれますようにと願いながら
過ごしたいと思います。



11-XIMG_9832_20111224134029.jpg

もし、ご協力いただける方がいましたら・・

@saijotakeo: 【再RT願:12/26まで期間限定!】ふんばろう冬物家電PJ。
罹災証明書等から支援が必要と判断された一万世帯に家電をお贈りします。
皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。  http://ow.ly/88ztY


関連記事

Comment

No title 

おこんばんわ

バラの苗、いいですね

勿論、無償でってのが
一番かもだけど

お互い、ウィン・ウィンじゃないとダメじゃないかなぁ~ってのが
個人的な考えです

あちゃこちゃで
送るね~とか
貰いましたとか

そんな言葉が溢れかえってますけど
わしゃ、ヤダな

少なくとも
生活するに困ってないだけの
収入がある(バラ育ててるって、そいう環境でしょ)うちは
欲しいバラは計画的に購入したいじゃん

勿論、枯れた時のリスクを考えて
自分の為に挿し木ってのは
黙って行ってる分には
致し方ない部分もあると思うけど

なんだろ
善意の錦を振りかざして
あまりに安直過ぎる行為だわ
貰う側も、断るなりすりゃいいものを
ありがとーだってww

ってことで
パテントがあるものは
業者さんに、ちょびっと泣いて貰って
金銭収受が有る方が良いと思うな

My GARDEN早春号買ったよー

今回、ちょいと出遅れたからか
売れ行き良かったのか
中々、店頭に置いてなかったんだわ

黒田さんのお庭
いいですねー

イングリッシュ・ガーデンって紹介されてたけど
個人的には、もっすごく和を感じました

唯一無二の「和」のお庭だよー

イングリッシュ・ガーデンをリスペクトした上での
けしてパクリでない、素晴らしい和の庭ですぅ~

すごいわぁ~

何時間でも居たいお庭だなぁ~
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2011.12/26 23:36分 
  • [Edit]

かっぱさんへ 

かっぱさん、こんにちは!
コメントどうもありがとうございます♪
そうですよね。
自家製の挿し木でOKにしちゃうと
歯止めが利かなくなってしまうし
何よりも、作出された方に対して、失礼だと思うので
健康で、(まだ熱心に世話が出来る環境にまではなれない方のために)
農薬散布の手間のいらない、なおかつ高いパテント料の心配のないバラを
善意あふれるナーセリーさんが手を挙げて下さったりしたら最高!と
・・・そう思うのですよね。
震災以降、ニトリさんや、ユニクロさん、フェリシモさん・・
いろんな企業さんが、自腹を切って、支援物資として暖かいものを
無償で提供してくださったことを考えてしまいましたが
バラは、日々のお世話がいることを考えると、
無償でなんてとてもお願いできるはずもなく
それでも、再びバラを手にする方のためとしてと明確にして
小さなバラをお安く生産してくださって
私達が少し大きく育ててお送りする、もしくは
被災地されてバラを失ってしまった方を対象に
少し赤字ででもお分けいただくとか・・

でも、少しの赤字を出しても、再びバラを手にされる方が
そのお店の心意気を感じてくださったり美しく咲かせてくださったりしたら
そのお店の方も、赤字分をはるかに上回る温かな、豊かな気持ちになれると思うし
協力してくださったお店を私達が宣伝したりすることで
もっとお店が回っていったりする・・なんて言うのは理想論かな・・?

もちろん、東北のナーセリーでしたら、そこから当たり前の値段でバラを購入して
再びバラを育てたい方へとお送りするということも、
素敵な東北支援だと考えています。
・・だとしたらあのナーセリーかな・・

・・っと、もし、ここを観てくださっているバラ屋さんで
「うちやってもいいよ」って手を挙げてくださるところがありましたら
どうかいつでもいいので、お知らせください。

・・去年の今頃、美しくツルバラを誘引されていたのに
寒い中植え替えをがんばってみえたのに
・・今は、津波に流されてしまってもしくは、被曝から逃れた遠い地で
そばにバラがない方を思うと、居てもたってもいられない・・
そんなひとりの 独り言でした。

「My GARDEN」も観てくださってありがとうございました。
そうか~かっぱさんは、和の庭だって思われたのですね。
確かに思いっきり、イギリスの庭の中の、ショウブあり、ツワブキあり
蛙の置物あり・・の和の空間があって、
その雰囲気も全体に漂っているかもしれません。
・・いつかいらっしゃいませんか?ご案内いたします~(^▽^)v♪

  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2011.12/27 14:11分 
  • [Edit]

No title 

こんにちは。
ときどき覗かせていただいています。。。
HISAKOさんってエネルギーのあるかただなあ・・っていつも思いながら拝見しています。
東北のみなさんのこともいろいろ考えて行動されているのですね。


私もだいぶまえに、種を送るプロジェクトというのを見つけて参加させていただきました。我が家で採れた種なので質には自信がありませんが。。。
東北の皆さんが、春になればお花の種をまいて楽しんでいただけるような、そんな心の余裕を持っていただけるといいなと思って・・・。
でも、実際はこの寒い冬を家族で乗り越えるだけでせいいいっぱいかもしれませんね。それを考えるとほんとうにお気の毒ですね。

ばらの苗を送るっていうのも素敵なアイディアですが、、、

自分のことを考えましても、お花を育てるのって・・・自分の基本の生活を守ることにプラスの余裕がないと、なかなか大変だと思っています。
時間とお金と気持ちの余裕・・・。
きれいな状態を維持するためには手間もかかりますし、たとえば植え替えには土も鉢も必要ですし。

東北には、お花を育てて楽しめるまでの、そんな気持ちの余裕を持てていない生活環境の方々もまだまだ多いと思うのです。
生活が成り立っていくかどうかさえ心配なかたも多いと思うのです。

日本は、原子力のことも、ダムのことも、年金のことも。。。ほんとに心配が山積みで。。。。
私もお花は好きで今まで苗をたくさん買っていましたが、今は去年のように買わなくなりました。
いろいろ思うこともあり抑えています。
あの日の地震は、自分の家族との生活を見直すきっかけになったような気がしています。

いずれにしても、HISAKOさんのエネルギーはすばらしいですよ!
ばらと関連して、何か生活に直接役立つようなものをまず送るっていうのはできないかな・・・と今考えました。
そうは言いましてもなかなかむずかしいものですね?いいアイディアがあるといいですね。
  • posted by 美月 
  • URL 
  • 2011.12/27 15:00分 
  • [Edit]

美月さんへ 

美月さん、こんにちは(^▽^*)/
コメントありがとうございます。
私、エネルギー、あるのかな?
ヒマになってしまうと、元気がなくなってしまうのがわかるので
きっと前世、回遊魚だったんだと思います(笑)

東北の人たち、まだまだ大変です。
仮設住宅に手厚い自治体のもとでは
仮設住宅に住んでいる方たちは、寒さに凍えることは、そうなくなったと聞いていますが
仮設扱いのアパートや、自宅半壊、もしくは1階が流されて
2階で生活しているご家族は、1階にあった家電もなく
行政からの暖房の支援も一切なくて
零下に凍えているご家族もまだまだたくさんあると思うのです。
(なので、記事の一番下に、書いたように、
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」冬物家電PJへご協力をお願いしました。
ありがたいことに、13000世帯への援助達成です!
ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。)

・・そんな中でも、震災直後からおつきあいが始まった南三陸の友人が
庭にチューリップを植えたって話してくれました。
なので、「その上にパンジーやビオラを植えておくと、
春先、ちょっとしたガーデンになるよ!」なんて楽しい会話も弾みだした・・
それをきっかけに、バラのことを考えてみました。
チューリップやパンジーの値段とは比べ物にならないバラ
手間もお金もいることなので
そんな余裕や、気持ちの余裕も出来てからの話・・になりますね。
なので、書かせていただいたように、小さな苗を、
「これは東北に送る苗だ」と、彼の地を思い浮かべながらしばらく育てて
それをお送りできたらいいなと
もちろん、まだ素敵な鉢になんていうことではなくて
ただ、バラの花に、香りに癒されて頂きたい。

でも決して押し付けるのではなく、ベストマッチとなるように
(本当に欲しい方の手にわたるように)
何かいい方法があったらいなと思います。

まだまだ先が長い話です。
来年一年かけて・・ってくらいの話になってしまいそうな話ですが
「Re : Rosarian」のようなコンセプトで・・
(意味違うかな~return to rosarian??)

しっかりパテント料をお支払した小さな苗をどこかの苗屋さんが提供してくださって
それを小さいうちに私たちが手に入れて、
しばらくの間、愛情たっぷり込めて育てて・・それをお送りする
・・そんな感じです。
来年の今頃には、バラを育てる余裕が出て来る方が少しでも出て来られるでしょうか
それを待って・・って感じかな?

でもお届けする方が名乗りを上げられるか・・
それが一番問題かもしれません(;^_^A
・・でも、めくらめっぽうに渡して
要らない人にはご迷惑になってもいけないので渡せないけれど・・・

まだまだハードルはいっぱいありますが
こうして何か考えている気持ちは、ここに記しておきたいと思います。
そうそう、また改めて記事にしたいと思っていますが、
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の活動の中で
赤毛のアンの新訳本を翻訳された林啓恵さんと出会いました。
林さんも同じことを考えてらっしゃったんですよ!
「バラの苗プロジェクトってどうかしら!」って
・・その時は、アンにも力をお貸し頂いて・・っと夢を見たりしています!


原発も、年金も ダムも・・いろいろ心配山積みですよね。
そして、報道だけを鵜のみにしている方
ネットで情報収集している方・・
それぞれの価値観が今錯綜している時期だと思います。

震災があって、私は震災に遭われた方の生き方を見ながら
それまでの自分のいろんなことを反省しました。
美月さんと同じく、自分の家族と生活を見直すきっかけにもなったし
本当に大きく価値観が変わって来ました。
愛おしいものがますます愛おしく思えて・・ほかにもいろんな感情も芽生えて。

>ばらと関連して、何か生活に直接役立つようなものをまず送るっていうのはできないかな・・・と今考えました。

何か思い浮かんだらまた教えてくださいね。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2011.12/27 18:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
久しぶりにお邪魔します。

苗じゃなくて、種じゃダメなんでしょうか。
自然交配しちゃってればパテントも何もないし、
苗だと環境差で生き残るか不安だけど、
はじめっから貰い手の元で実生で育って生存競争に勝てば、その人のオリジナル品種になるから
再生とか復興じゃなくて「新生」って感じでいいと思うんですけど。
  • posted by azking 
  • URL 
  • 2012.01/03 13:45分 
  • [Edit]

お久しぶりです! 

azkingさん、あけましておめでとうございます!
お久しぶりです~
ちゃんと見て居て下さってとても嬉しいです。
ありがとうございます♪

種、バラの種ですか!!
オリジナル品種になって、「新生」って感じで
すごくステキなアイディアですね~!

・・で、実は、私はまだバラの種を発芽させたことがないのですが(;へ:)
azkingさん、バラの種の発芽率っていいものですか?
水遣りやお世話の要り具合、どうでしょう?

でも、オリジナル品種っていうのが、すっごくステキな響きですね!
種から育てたものを、ある程度私達が大きくしてっていうのもアリ!でしょうか?
一つずつでなくて、何個か蒔いてみて
生き残ったものを・・って言うことですね!
「新生」ってすごくステキだと思います。

このアイディアに乗ってくれる方がたくさんいらしたらいいですね~
ナーセリーさんにもご相談してみてもいいでしょうか?
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2012.01/03 20:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

私のバラの種まきはいい加減で、『当たるも八卦当たらぬも八卦』という楽しみ方なんです。
2年前にセルトレイに蒔いて、過乾燥や降霜にも負けず昨年の春にやたらと発芽したのは、オーギュストジュルヴェと思われるバラの種でした。
他にも原種系は蒔いた半分以上が発芽、幼苗の管理も適当で(薬も肥料も一切なし)
最終的には5分の2くらいは生き残りましたので、半分を選別し、秋には春と勘違いしたのかいくつか小さな花も咲きました。
園芸店でエンジェルウィングというバラの種が売られているくらいだから、いけるんじゃないかと思った次第。

一旦種苗会社に集めて、種のまま配布。
と、簡単に考えてしまいましたが、過乾燥はまずいし、腐るかもしれないことを考えると、苗状態と同じくらい手間ですかね。

あと思いつくのは、被災地の海岸線近くにハマナスラインを作ったりするのも素敵かなーとか。(スイセンプロジェクトみたいな感じで)
ハマナスの苗や種ならどこで作っても、どこに植えても生きてくれそうな気がしますから。

単なる『思いつき』なんで、お伺いの必要はないですよ^^
HISAKOさんの持つ絆に託します。
  • posted by azking 
  • URL 
  • 2012.01/04 18:28分 
  • [Edit]

azkingさんへ 

azkingさん、こんばんは。
育種をなさってるんですね。
2/5でも、自分だけのバラが咲いてくれるなんて
とてもステキなことだと思います。
オーギュストジュルヴェって、名前もすごく素敵なバラ!
姿もとてもエレガントで素敵でした。
ちょうど、今ヒップを採るくらいですね。
種が採れて、種苗会社に集めて・・っていうのも
すごくロマンチックなアイディアだと思います。
現地にそれがいい!ってニーズがあれば、とても喜んでいただけるとも思います。

それから、ハマナスライン、これも、とてもいいアイディアです。
どうしても海岸線に近いところになるので
海沿いでも丈夫に育っていくハマナス!ですよね!
アイディアがどんどん見つかってとてもうれしいです。

津波が到達した地点に桜を植えていくという桜プロジェクトというものが新聞に書いてあって
これはすごくいいPJと思いましたが
その一部をハマナスに・・っと言うアイディアも・・

azkingさん、どうもありがとうございます♪
あれこれ、考えてみますね。
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2012.01/05 00:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

追記させてください。

ハマナスの自生地について調べていたら
相馬市や鹿島市、歌津、大谷海岸などの被災地ワードが沢山・・・
やっぱり、自生地の固有種を増やすお手伝いっていうのが一番の方法かも?
もともとそういう活動をしていらした団体もあるようですし。
桜もいいけど、故郷の風景はそこでしか見れないもので、もともとの植生も大切にして欲しいですから。
  • posted by azking 
  • URL 
  • 2012.01/07 15:38分 
  • [Edit]

遅くなりましたm(_ _*)m 

azkingさん、こんにちは!
お返事大変お待たせしてしまい、すみません。
お正月、実家に帰っていました。

ハマナスのこと、調べてくださったんですね!
ありがとうございます♪
相馬市はじめ、被災地の名前がたくさん・・なのですね。
自生地があるとは知りませんでした。
きっと津波に流されてしまったハマナスもあると思うので
津波のことを忘れないよう、メモリアルも込めて
ハマナスラインとか出来たらいいですよね。
東北で、被災地復興のために尽くされているガーデナーの方と
繋がりそうです。
そういう方と繋がったときに、お話してみますね。
ありがとうございます!
やっぱり伝統のようなもののひとつとして
ハマナスも考えてあげたいですね!
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2012.01/15 17:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー