Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

冬物家電プロジェクトにご協力を!

今日二つ目の更新です。
(秋バラの更新は↓記事を)

震災から8か月が経ちました。
こちらでもすっかり寒くなってきましたが、東北ではもう朝、1度だったとか・・
また厳しい冬を迎えようとしています。

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のページに、
リーダーの西條先生が詳しく書いて下さっていますが
http://wallpaper.fumbaro.org/winter_electronics
震災の記憶が、少しずつ薄らいでいる中
マイナス9度にも10度にもなる被災地の仮設住宅の窓は、二重サッシにもなっておらず、
しかも、仮設住宅に入っていない、、家電が津波で流されてしまった自宅避難の方には
暖房の支給もないとか・・・・
10度を下るだけでヒーターが欲しくなってしまうのにマイナスになってもヒーターがないなんて・・
・・でも、被災地の方たちの現実だそうです。

西條先生も書いていらっしゃいますが、
寒いと、人の心も暗くなりがちになってしまいます。
ほっこり温まると、「幸せ・・」と思うこと・・ありますよね?
私たちで出来ることは小さなことでしかありませんが
たくさんの方の小さな手が集まることによって、
被災地の方たちを温めることが出来ます。

夏にも、「扇風機プロジェクト」にたくさんの方にご参加頂きましたが
この度、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」では
冬物家電プロジェクトとして、
ホットカーペットと、コタツの支援をお願いすることにしました。
一口3000円からお申込みいただけます。

【拡散希望】ふんばろう東日本では、11月11日-26日までの期間限定で、
冬物家電キャンペーンを行います。
体が温かくなれば心もやすらぎます。
僕らの手で、5000家族に温もりと安らぎを届けましょう!

http://wallpaper.fumbaro.org/winter_electronics

コタツ支援はこちらから(クリック!)
ホットカーペット支援はこちらから(クリック!)

********************************************************

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のメンバーのページがあります。
あまりにも鮮やかで、毎日感動しているので、ここでもご紹介させてくださいね。

朝ズバ!で、「愛知県庁に大量(2000箱のオムツ入り段ボール)の
支援物資がだぶついている」と報道があった朝
西條先生に、「ふんばろうでなんとか出来ませんか?」とお尋ねしたところ
「大量物資発送プロジェクトがあるから、そのリーダーに連絡して」と携帯番号が記されたお返事が。
すぐに大量物資発送のリーダーに電話をしたら
「県庁につなげて」との指示を頂いて、早速、愛知県庁の担当の方へ電話をしました。
『ふんばろう東日本支援プロジェクト』と検索してみてくださったら
どれだけ支援を続けて来たかわかっていただけます。
岐阜県とは最初から連携してきたので、岐阜県の支援物資だぶつきはないのですよ。」と伝え
いい感触だったので、リーダーに伝えました。
そしてすぐに畳み掛けるようにリーダーが愛知県庁に連絡。
そこからトントン拍子に話が進み
リーダーが即日、「欲しい地区書き込んで」と、スプレッドシートを作成の上、メンバーに指示。
迅速であまりの鮮やかな指揮に、みるみる埋まっていく要支援の書き込み・・
それを見ているだけで、なぜか涙があふれて仕方がありませんでした。

みんな東北に担当地区があり、それぞれの担当地区の取りまとめ役に聞いて下さって
愛知県職員の方も、一度様子を聴きに現地に出向かれたとか。
そして、もう今週末には、愛知県職員の方もトラックに同乗してくださって
あちこちから10tや4tトラックも手配されて
被災地へ一緒に、支援物資を届けに行って下さるそうです!
(テレビの取材も入るようです)
愛知県庁の担当の方も、ふんばろうの大量物資発送チームのリーダーを
すっかり信頼してくださってお友達付き合いになられたそうです。

そんな、迅速で、的確な指示の出来るリーダーのもと、
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のメンバーは真剣に
本当に真剣に、被災地の方たちのことを考えてみえるんだと、実感しながら
なんだかこのところ、毎日、日々感動している最中です。
見ず知らずの方への温かく、篤い気持ち・・本物です。
私も見習わなくては・・!

*************************************

それから、ニトリさんの支援、ご紹介しますね!
「お値段以上 ニトリ」は本当でした!
合計4,534のお布団セットを株式会社ニトリホールディングス(家具のニトリ)が
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」にご提供下さいました。

nitori1.jpg
こんなにたくさん!・・こんなトラックがもちろん、何台も!

nitori2.jpg
受け取った小さな坊やも嬉しそうです。

ニトリさん、こういう広告を出されることもなく、淡々と温かい支援を続けてくださっていること
逆に私たちが拡散しなければと思います。
本当にお値段以上ニトリ!です。

ふとんを受け取られた方たちの声、是非ご覧いただきたいと思います。
http://feedback.act311.jp/docs/fumbaro/0009/9901/

西條先生のメッセージの中には、
目を覆いたくなるような、津波の場面の写真や映像がありました。
でも、再びあの震災を思い出して、まだまだ支援が必要な方たちが迎える寒い冬へ
想いを馳せて・・

是非一口でも多くのご支援をお願いしたいと思います。
ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
支援は「始縁」とも言っています。
ほんの気持ちの支援が、どこかの家族を暖めて笑顔に出来る・・
そう想像するだけで、こちらの心まで暖かい火が灯るような気がします。
・・それがふんばろうに参加している一番の理由かなと思っています。

また、ここ、愛知県庁にあったような、
だぶついた支援物資を抱えていらっしゃる地方自治体などをご存じの方がいらっしゃいましたら
是非お知らせください。
ふんばろうメンバー全体で、全国の自治体へと問い合わせをしている最中です。
眠っている支援物資でも、必ず「ふんばろう東日本支援プロジェクト」だったら
生かすことが出来ます。
お知らせをお待ちしています。

■追記■
11/16の日経新聞でも、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の
冬物家電&ストーブ支援が紹介されています。
 ⇒「モノではなく、心を届けたい」。支援する人も受ける人も「ほっと」する善意の輪が広がっている。(クリック!) 


関連記事

Comment

キーコメントさんへ 

キーコメントさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

お母様も、被災地へ、せっせと物資を送ってみえるんですね。
本当に息の長い支援が必要だと思います。

西條先生のページ、読んでくださってありがとうございます。
津波の映像・・ご覧になったんですね。
あの映像は、ふんばろう名古屋キックオフのときに
西條先生が見せてくださった、本当に悲惨な映像で
ずっと向こうの海の波がみるみる大きくなって堤防を越えて
高いところに避難している撮影者の本当に足元にまで迫ってくる
・・ものすごい恐怖を味わってしまうものでした。
目の前で波にのまれそうだった方は、自力で波を振り切っていらっしゃいましたが
のんびり畑を歩いて逃げていたおばあちゃんも、おじいちゃんも
本当にみんな大丈夫だったのかな・・・(涙)

その場(ふんばろう名古屋キックオフ)にいらした南三陸の方は、
震えてしまってもう、たいへんでした。
・・でも、あの恐怖を味わって、支援のないまま、また厳しい冬を迎える方たちが
まだまだ本当にたくさんいらっしゃることを、ふんばろうの中に居るとすごく感じます。
毛布一枚支給されていないところもあって
一世帯毛布一枚!!っていう信じられないご家族もまだまだいらっしゃるんですよ。
マイナスになってくる冬だというのに・・

自分の手でなんとかしてあげたい気持ちでいっぱいながらも
1人の力では足りるはずもなく、皆さんにお願いしています。

被災地の方・・もう耳当てがないと耳が痛いくらい
本当に寒いそうです。
明日からの東北行のボランティアに、誘われていましたが
土曜日、息子が一人になってしまうので今回は残念ながら見送りとなりました。
そのかわり、誘ってくれた友人が二人で、南三陸のお友達へ届けてくれるというので
今日はあったかウェアをあれこれ用意してきました。
喜んでくれたらいいな・・

東北の話をし始めるとまた長くなってしまうのですが
南三陸に出来た友人と出会えたことで、
世界観が本当に変わりました。
「何よりも何よりも、家族の笑顔が一番大切だよ」と言い切る言葉に
逆にものすごく力がもらえたり、励まされることがあって
・・そんなことにこちらから恩返しをするつもりで
これからも東北支援は続けて行きたいと思っています。

今回、こちらへ、ご支援頂けますか?ありがとうございます!
とにかく床から冷えて来ると聞くので
あったかいホットカーペットか、こたつのどちらでも構いません。
一口ご協力いただけると、本当にうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします!



  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2011.11/17 17:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー