Days in Focus

バラのこと、写真のこと、そして東北支援・・などなど。

Entries

『New Roses SPECIAL EDITION for 2012』&『バラ、はじめました Dear ロザリアン』

パソコンが使えなかった数日間に
素敵なご本が発刊されました!

まずは、毎年もう楽しみ・・なような、コワいような
・・いえいえ、心から楽しみにしているのが、
玉置一裕さんが編集なさった、New Roses SPECIAL EDITION for 2012

New Roses SPECIAL EDITION for 2012

もう、この表紙!
どうでしょう・・秋のバラシーズンに合わせたかのような
素晴らしくロマンチックな秋色のバラです!

中身・・毎年発刊されているこの本なのに
私は毎年、毎回「今回のが一番好き!」って
素直にそう思えてしまいます。
バラがテーマなのに、どうしてこんなに
毎年、違う切り口でバラに迫って行けるのでしょう・・?

きっと玉置さんが、バラの引き出しを、たくさんたくさんお持ちだからだろうな・・
去年の new rosesを持っていらっしゃる方も
「去年のがあるからいい・・」なんて絶対言わせませんよ!
新しい視点からせまられたバラがた~くさん!

・・また欲しいバラが増えてしまって・・やっぱり困ってしまいました(~_~;)
「禁断のご本」・・ですね。
・・でも、夢のようなバラの世界がこの中に・・おススメです。

きむたくてんちょさんのお店(バラの家さん)
送料無料で送ってくださいますよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、もう一冊!
「NHK 趣味の園芸」で、連載されていた「DEAR ロザリアン」が
一冊の本になりました!
『バラ、はじめました Dear ロザリアン』
Dear ロザリアン

売れっ子の漫画家「城ケ崎ゴロー」が
バラを育て始めて、いろんな出来事に出会っていく過程を
藤野さんお得意のギャグを効かせながら
楽しく描いていらっしゃいました。

この漫画を描かれるときから、藤野さんをご紹介頂いて
すっかり意気投合!
一緒にいろんなバラ園に行ったり、
いろんなロザリアンさんにもお会いしました。
そんなときの一コマが漫画に登場するのがまた
すごく楽しみでもありました。

その、各月の連載とともに、小山内健さんのコラム
巻末には、小山内健さん、玉置一裕さん、そして
憧れの ガーデンフォトグラファー、今井秀治さん物語が!
一冊で、読み応えのあるガーデン漫画となっています。

ご自身でも、バラを育てるようになられて
「ロザリアン」を自覚してこられた美奈子さん
その「あと書き」がすごく温かくて、ちょっと泣けそうでした

2冊ともすごくおススメです!
秋の夜長には、ぜひ、2冊ともそろえてくださいね~♪
「Dear  ロザリアン」の方は、15日発売です(^○^)/


みなっち~!
また一緒にランチに行こうね(。→‿◕。)☆
お疲れ様でしたっ(^o^)/



関連記事

Comment

hisakoさんこんばんは! 

早速バラの家に注文しましたよ♪どんなバラが紹介されているのか、バラの先の先を進んでいらっしゃる方々がどういうバラをおすすめしていやっしゃるのか、とても興味しんしんです!!!
もう、植えるところが無いはずなのに、出来上がっちゃうんですよ~(笑)
北国としても、沢山試してみたいです。

DEARロザリアン絶対買う買う!!!
会社のオジサンたちにも教材として強制的に読ませようと思っています(笑)(娘息子達と同じ世代なので言うこと聞いてくれるの(。・m・)クスクス)
楽しみだな~あと一週間。待ち遠しいです!!


  • posted by きょう 
  • URL 
  • 2011.10/10 19:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

こっちの方にもこんばんわ ^^
8日、HISAちゃんに黙って京阪へ行きました (^^ゞ
したっけフレ様とおさちゃんが二人で
「刷りたてのホヤホヤだよー」って(笑)
『バラ、はじめました Dear ロザリアン』は買ってこなかった・・・す、すんません ^^;

New Roses SPECIAL EDITION for 2012
「色」・・・
深く考えるきっかけになるかも・・・。
興味深い記事がたくさん載っていました。
購買意欲を掻き立てるバラもねぇ~v-238
  • posted by ぱお吉 
  • URL 
  • 2011.10/10 23:39分 
  • [Edit]

きょうちゃんへ♪ 

きょうちゃん、おはよう!
早速のコメントありがとう♪

今回のNEW ROSES 毎回すごいと思うんだけど
切り口がまた全然今までと違っていて
「玉置さんの辞書の中には、マンネリという言葉はないのだなぁ」と
つくづく、玉置さんの、バラへの想いと
アイディアや企画の引き出しの多さには脱帽です。
毎回「この号が最高!」って思えるのってすごくないですか?

そうそう、今年はね、新しいバラは2本だけにしようって思っていたの。
しかもその2本がもうそろってしまったので
今年の冬はもう買わない~!って思っていたのに
・・あるのですよね~まだまだ素敵なバラが・・
ほんと、どこ置きましょう・・e-274

> もう、植えるところが無いはずなのに、出来上がっちゃうんですよ~(笑)

・・出来上がっちゃう・・これ頂きます(笑)
ホントにそうよね~。どうにかなっちゃうから・・
北国ロザリアン代表!!
北国はルゴサだけじゃないぜ~って気合い、見せてね(^_-)-☆

> DEARロザリアン絶対買う買う!!!

ありがとう~!
ゴロー先生のバラ街道
会社のおじ様たちも、一緒に突っ走ってくれると
めちゃくちゃ楽しくなりそう~e-264
応援してるね(^_-)-☆
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2011.10/11 10:47分 
  • [Edit]

ぱお吉さんへ 

ぱお吉さん、おはよう~!
なになに?京阪さん、もう行っちゃったの?
いいないいなぁ~e-348

New Roses SPECIAL EDITION for 2012
玉置さんの世界全開!な記事も多々で
薔薇の世界の楽しみ方の幅が
どんどん広がっていくことを感じます。
そう、このご本が出るたびに
薔薇を楽しむ世界が広がっていく感じがしますね~。

購買意欲・・あ~掻き立てられてしまいますね~。
色がまた本当に微妙で美しいバラが増えて来て・・
春の楽しみが出来ました~e-287

『バラ、はじめました Dear ロザリアン』
ぜひぜひ買ってね!
最初はバラを育てていなかった美奈子さんが
あとがきを読ませていただくと、
すっかりバラを愛するロザリアンになってくださった感じがして
それがとてもうれしかったのです。
ぜひぜひ!!
  • posted by HISAKO 
  • URL 
  • 2011.10/11 11:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Profile

HISAKO

  • Author:HISAKO
  • Days in focusへようこそ!
    マンションの7階の
    ルーフバルコニーで
    バラをはじめ、
    いろんな草花を育てています。
    ゆっくりお喋りしましょ♪

Information






【InstagramUp⬇️】






**東北へお花を届けます**
「緑でつながるプロジェクト」始動!

**震災を忘れないで下さい**
「桜ライン 311」を応援します。



♡「鉢で美しく育てるバラ」♡
表紙は私の庭で咲いたClaude Monetと、The Fawnです!
木村卓功さんのサイン入りは↓↓へ



♡「My dear Roses」連載中です♡
●「Garden Diary」Vol.5●↓click



●「Garden Diary」Vol.4●
♡My dear Roses♡






【サンテ鍼灸治療院さん】click↓↓

悩んでいた椎間板ヘルニアからのつらい痛みが、サンテさんの「トリガーポイント鍼治療」で治って来ました😊いつもの春を迎えられたことをとっても感謝しています!痛みに悩んでいらっしゃる方は是非是非😉

New♪

Links・・up

Access counter

Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■添付ファイルつきのメールは、こちらから(click!)どうぞ♪

Notice!

ここに掲載する写真は、私が、その瞬間を待って撮った、一枚一枚がとても大切な宝物です。
オークションなどへ、無断で転載することは固くお断りいたします。
写真の使用をご希望の際は、メールフォームにてご連絡下さいませ。


Reprint without permission of the photograph and sentences is prohibited.


・・来て下さった皆さまと私にとって、この場所が、楽しいお喋りに花を咲かせる、心地よい場所でありますよう、切に願っております。
発言が、この場に不適切と管理人が判断した発言につきましては、予告なく削除させていただく場合があります。

■また、blog管理のため、不定期に、コメント欄、リンクの欄をcloseさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

Search

右サイドメニュー